フリープログラマ推進部

フリーランスプログラマへの転向を後押しします

プログラマのフリーランス転向を後押し

プログラマのフリーランス転向を後押し

プログラマとして会社勤めのまま転職をする場合のメリットとデメリット、フリーになるメリットなど、フリープログラマを推進する理由を解説していきます。フリープログラマという働き方に興味はあるものの不安があるという人のために、フリープログラマの案件獲得方法も紹介します。会社員という立場を捨てることに抵抗を感じる理由の多くは、仕事がとれるかどうか、というところにあると思いますが、プログラマとしての実務経験やスキルがあれば、案件を見つける方法はいくつかあります。

プログラマのフリーランス転向を後押しの記事一覧

プログラマの転職メリットデメリット

プログラマの転職メリットデメリット

プログラマとして入社1年ほどで仕事を辞めてしまっては、即戦力レベルの実務経験が身に付いているわけでもなく、新たな企業で一から出直しになってしまうため、意味のある転職が出来るとはいえません。少なくとも数年の現場経験があれば、その企業内における自分の役割や将来性を見極めることができるでしょうから、違う経験を求めるなど、ステップアップのための転職を成功させることも可能でしょう。あるいは勤続10年での転職となれば、それまでのキャリアでチームやプロジェクトをまとめるなどの経験を評価されて、管理職など責任ある地位を任されるチャンスも生まれます。詳細はこちら

プログラマがフリーになるべき理由

プログラマがフリーになるべき理由

労働人口の流動性が相対的に高いといわれるIT業界ですが、会社勤めをしていれば希望するような実務経験を積むことが難しかったり、長時間労働を強要されたり、あるいは人間関係で悩んだりと、思い通りには行かないものです。その点プログラマとしての自らの実力を信じて、フリーランスになるという選択もあり得ます。フリーランスになっても案件次第では、派遣や請負のような立場に立つこともありますが、それでも参加するプロジェクトを自分の基準で選んだり、契約更新を拒否することによって無理に我慢することなく仕事を変えることができるといったメリットもあります。詳細はこちら

フリープログラマの案件獲得法

フリープログラマの案件獲得法

プログラマとしてフリーランスを目指すのであれば、クライアントを獲得する下地としての人脈づくりは大切です。会社勤めの間に社内外に人脈を広げておくことで、取引先を開拓する足掛かりとなるでしょう。また自分の興味のある分野に限らず、積極的に勉強会に参加しておくことで、横のつながりができて思わぬ仕事のチャンスが舞い込むかもしれません。そのような勉強会は各地で開催されていますし、情報検索ができるサイトもあります。更に最近はネットワーク環境が整ってきているため、Web上の案件サイトを通じて仕事を受注するフリーランスも増えています。詳細はこちら

「フリープログラマ推進部」一押しの記事

プログラマがフリーになるべき理由

プログラマがフリーになるべき理由 プログラマのように、社内にあっても社外で通用する実力を求められる職種であれば、無理に我慢をして会社勤めをする必要はないのです。会社勤めをしていれば、会社の命令に絶対服従で、ありきたりの案件や、似たような案件ばかりを担当させられても文句を言えません。また興味のある案件や腕を磨きたい分野の仕事することができる保証はないのです。更に社内の人間関係に悩まされたり、長時間労働にも黙々と従うといった苦痛も耐えがたいでしょう。その点フリーランスであれば、嫌な仕事も契約に則って最低限我慢すれば済みますし、人間関係をドライに割り切ることができます。

適度にサボる

適度にサボる 人が仕事に集中できる時間というものは、1日の中でも数時間に限られています。それでも仕事を完成させるために、わが身に鞭打って机にしがみついて頑張ってみても、長時間ダラダラと過ごすだけで、能率は上がらないということがよくあります。このような場合にはむしろ、適当にサボることが効果を上げるようです。ネットサーフィンなどをして、頭をこれまでの仕事から完全に切り離してしまい、短時間であってもリセットするのです。あるいは席を立ってしばらく外を散歩したり、お茶を飲んだりすることで、切り替えができれば、再び仕事に戻った時には能率が上がっていることでしょう。

プログラマとしてのキャリア

プログラマとしてのキャリア プログラミングは、IT業界に身を置く者がいやしくも身に付けておかなければならない基本的な知識といえますが、そのせいかプログラマの地位は低く見られがちです。しかしプログラマという仕事を、将来キャリアアップするための通過点と考えるのではなく、一生涯プログラマであり続けようと意欲を燃やす人もいるほど、魅力のあるものです。そのためには自分の可能性を広げるため、一つでも多くのプログラミング言語を学習するなどといった努力は欠かせませんが、「35歳定年説」もなんのその、40代、50代に至ってなお現役というプログラマも、実際に活躍しているのです。